初心者の方には、入門サイトがお勧めです

FX

厳しい不況が続き、勤務している会社の業績が悪化した為か、経営陣のみならず私達社員の給料、ボーナスまでカットされてしまいました。
収入が減少したにも関わらず、住宅ローンや保険料、新聞代等の支払額は、減る事はありません。
収支のバランスがギリギリの状態なので、貯蓄を増やしていけそうにもありません。
老後の不安に備える為にも、今ある資産を自分自身の責任でしっかり運用し、増やせたらと考えFXを始めようと思い立ったのが、きっかけになります。

 

入門サイトで、しっかり勉強するところから始めました

FXの経験、知識がゼロに等しい初心者でもありますので、何をどうすれば良いのか、皆目見当がつきません。
そこで、初心者向けに開設された入門サイトを使い、まずはしっかり勉強する事にしました。
どの会社を選び、口座を開設して取引を始めたら良いのか、基本中の基本から徹底的に分かり易く説明しています。
また殆どの会社では、デモトレードを体験出来るようになっているので、実際に取引を始める前に、FXを疑似体験する事が出来ます。

自分に合ったFX会社を選びましょう

私の場合、情報量が豊富で取引手数料が低く、スプレッドが狭い会社と契約し、口座を開設して取引を始める事にしました。
全ての取引において自己責任が求められますので、初心者向けの入門サイトを活用し、しっかり学んでおいて本当に良かったと思っています。
信頼出来そうな会社を見つけたいと思った時は、ランキングで上位につけているだけではなく、口コミでの評判の高さも、参考にしてみてはいかがでしょうか。


FX取引で気をつけておきたいポイント、FX初心者が陥りやすいミス

数年前にFX取引は投資の初心者でも儲かると知り、口座を開設してスタートしました。
しかしその仕組みについてあまり知らなかったために、いくつかのトレードにおいて失敗したこともあります。
経験を重ねることでそうした失敗を克服できるようになったので、ここではそんなFX初心者が陥りやすいポイントとその解決方法について書いていきます。

損切り注文の重要性

まず最初に失敗してしまったのが、いわゆるナンピン取引と呼ばれるものでした。
これは自分が持っているポジションと違った方向に相場が動いた際、さらにポジションを積みましてしまうというものです。
相場が思ったとおりに動いてくれればいいのですが、一方向に動いたまま戻らないと大きな損失になってしまいます。
これを避けるために、私は事前に損切りポイントを決めておいたのです。
例えば直近の高値、安値を抜けた場合にはポジションを決済する注文を入れておくと、損失が大きくなるのを防げるのです。
損切り後に戻ってくるケースも多々あるのですが、それを期待していると次に取引チャンスをも失ってしまいます。
なので、負けたポジションは早めに損切りしています。
よりリスクを抑えるのであれば、ソーシャルレンディングもおすすめです。
参考サイト:http://social-lending.net/

トレンドを把握した上で取引を

トレンドと逆方向にポジションを持つ、逆張りと呼ばれるトレードも初心者は行いがちです。
実は、私もそうでした。
相場は上下を繰り返しながら進んでいくので、この逆張りはある局面においては有効なのですが、大きなトレンドが生じている場合には戻りも少なく、利益になる時間もないまま損失となってしまうのです。
逆張りで小さな利益を狙うよりも、大きな流れを掴んで順張りでトレードしたほうが勝率もアップするので、今ではそうしています。